ガイドメニュー

宇治茶について

宇治田原とは?

図:宇治田原町の場所

滋賀県との県境にあたる京都府の東南部にある「綴喜郡宇治田原町(うじたわらちょう)」の事をさします。
北西の大峰山と南端の鷲峰山からなる山林が町の約7割を占め、急傾斜の丘陵部は気候的にもお茶の栽培に適しており、非常に質の高いお茶が製造できます。
宇治田原の町章にも、お茶の花のつぼみが表現されています。

宇治田原は緑茶の発祥の地

鎌倉時代の1189年、明菴栄西禅師が宋(中国)より帰国した際に、お茶の種子を持ち帰ったのが最初。
栄西は京都栂尾の明恵上人にお茶の種子を贈り、その弟子から宇治田原の奇代坊・光賢の手に渡り、鷲峰山麓の大福谷で栽培が始まったのです。
そして1738年、宇治田原の湯屋谷に住む茶農・永谷宗円が、茶葉を蒸してから揉む「青製煎茶法」を考案。

その後、宇治田原の茶は、日本橋の茶商・山本喜兵衛を通じ、全国に広まりました。
これが今の緑色の煎茶の始まりです。

宇治茶とは?

「京都府南部、宇治市及びそれを囲む郡部(宇治田原町のある綴喜郡が中心)で産出される日本緑茶の最高級ブランド」
とのイメージがありますが、実際は「京都・滋賀・奈良・三重のいずれかの産地の茶葉を京都府内で仕上げたもの」という定義があり、宇治以外で作られたものやブレンド品が多く出回っているのが現状です。

宇治田原町産の宇治茶は、各品評会で受賞するなど、非常に高い評価を受けています。
伝統的な本来の宇治茶は「浅蒸し」という製法で作られ、茶葉がしっかりと締まり、色は深い緑色に揃っています。
水色は山吹色で透明度が高く、薄味ですが、コクと甘みと爽快感があります。
種類は、抹茶・玉露・煎茶・番茶とあらゆるものが生産されています。

宇治田原茶直売所は、自社茶園にて栽培・製造

宇治田原茶直売所では、自社の茶園にて良質の茶葉を栽培、職人が伝統的な製法で仕上げ。
正真正銘本物の宇治茶を、責任を持って皆様のお手元にお届けします。

宇治茶が出来るまで

茶葉は手摘みまたは機械摘みされ、収穫された葉は工場へ運びます。
5月上旬〜下旬に萌え出た新芽から作られる一番茶が新茶と呼ばれ、最も香味豊かなお茶とされています。
その後、二番茶(6月中旬〜7月上旬)、三番茶(7月中旬〜8月下旬)と続きます。

1.茶園の様子

2.新茶の葉

3.収穫し工場へ

4.均一にならす

5.蒸す

6.冷却

7.乾燥

8.軽く揉む(2回)

9.よく揉み込む

10.形を整え、乾燥

11.検品

12.完成

このページの先頭へ